最後にやっと会えた! 二枚目ルリビタキ

12月の日曜日、午後から
八王子市の「長池公園」に出掛けました。
最寄り駅は京王線の南大沢。
規模は大きいのですが、
とても身近な住宅街の公園です。

画像


しばらく歩いて大きな池のほとりに。
すると何やら動くものが……。
猫かと思うほどのゴソゴソの後、出てきたのは
ガビチョウでした。
姿は見えたのですが、動きが早く撮影は断念。

池のすぐ側の木の幹にとまってギーギー鳴いている
ヤマガラの撮影にチャレンジです。

画像

      ヤマガラ

動き回るヤマガラを必死で追っていると
シマ模様が見えました。
ヤマガラの群にコゲラが混じっているではありませんか。

画像

      コゲラ

コゲラも素早くて、ヤマガラ以上に大変、
なんとか撮れたのが、この1枚です。

池を離れ、山道を歩いていると、
デジスコや望遠デジ一眼を構えている人たちが。
少し前にルリビタキが出たそうです。
これはピンボケだった「桜ヶ丘公園」の
リベンジのチャンス!
早速、仲間に入れてもらうことにしました。

来ました! 待つこと数分でお目当ての鳥が。
でも、なんだか茶色いような……。

画像

画像

      ジョウビタキ♀

先日の「茅ヶ崎里山公園」につづいて、
ジョウビタキのメスとのご対面です。
なんだか、縁があるみたい。

その後、しばらく待ちましたが、ルリビタキはやってきません。
カメラマンもひとり減り、二人減り。
私たちもあきらめて、他の場所へ。

3時をまわって、だいぶ日が翳ってきました。
「よしっ、もう一度、さっきの所へ戻って
それから帰ろう」

この決断(というか、未練)が大成功!
カメラを構えて5分もしないうちに
青い鳥が現われました。

綺麗な羽の、オスのルリビタキです。

画像

      ルリビタキ♂

かなり長い間、
いろいろなポーズをとってくれました。

「粘ってみるもんだ」
などと言いながら、上機嫌で帰路へ。

すると先ほどガビチョウを見た草むらの辺りがまた、
ごそごそ動いているのが見えました。

「どうせガビチョウでしょ」
と期待せずに見ていたら、出て来たのはなんとコジュケイ。
6羽ほどの群でした。

画像


夕暮れどきの枯葉の上に現れたコジュケイ、
これぞ保護色という見にくさです。

画像

      コジュケイ

終わりよければすべて良し。
なんとかコジュケイもレンズに収めることができて、大満足。

やっぱり鳥見は、辛抱が大切ですね(それが苦手なんですが)。

画像


この日、見た鳥たち
アオジ、ツグミ、ホオジロ、ジョウビタキ♀、ルリビタキ♂、
コゲラ、ヤマガラ、シジュウカラ、カルガモ、コジュケイ、モズ♂、ガビチョウ













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック