旅のついでに、京都で鳥見 その二 アオバト編

京都で鳥見に出かけたのは、
御所に隣接する公園「京都御苑」です。

画像

      鳥の水場、バードバス

宿泊は「蛤御門」の目の前にある
「京都ガーデンパレス」。
夕方と朝の2回、ホテルの自転車を借りて
効率よく苑内を回ろうという作戦です。

「京都御苑」で見たかったのは、
バードバスとトラツグミ!
ホテルにチェックインした夕方、
まずは、バードバスに向かいました。

画像

      群でやってきて、大騒ぎしていたビンズイ

画像

      いつも仲良し、ヤマガラとシジュウカラ

画像

      「早くどいてよ!」と文句を言いながらも
      シジュウカラがいなくなるのを待っていた、礼儀正しいメジロ


カメラを構えて15分ほどは何も現われませんでしたが、
シジュウカラが来たのをきっかけに、
ヤマガラ、メジロ、ビンズイと
次から次へと鳥たちが……。

何人かいた常連バーダーさんたちによれば
「これは、いつものメンバー」
なのだそうです。

その後、30分以上スタンバイしていましたが、
珍鳥はやって来ませんでした。

もうすぐ日暮れ。
トラツグミを探さなくては!と
自転車で走りまわったのですが、
見つかるのは他の鳥ばかり。

画像

      尾羽が綺麗なルリビタキ♀
      時間がないのに、夢中で撮っちゃいました


三脚を片付け、ホテルに帰ろうと
自転車を走らせているとき、
道端の木の葉の上に、
何かはわからなかったのですが、鳥が見えました。

画像


あわてて自転車を止め、
サドルにまたがったまま撮ったのが、上の写真です。
撮ってからじっくり見てびっくり、
憧れのトラツグミじゃないですか!

トラツグミはしばらくそこにいたのですが、
三脚を出そうとしているうちに
犬の声に驚いて林の中に逃げ込んでしまいました。

結局、残ったのはボケボケ写真が1枚だけ。
それでも、未練がましく
カメラだけ仕舞わずにおいた甲斐がありました(笑)。

画像

     

翌日はたっぷりと観光して、
いよいよ最終日の朝。
なんとしても、トラツグミの“ちゃんとした写真”を撮らなくては!
と、お気楽バーダー、決意の6時起き(笑)。
7時半に、再び「京都御苑」で鳥見開始です。

画像


地元バーダーさんに教えていただいた
トラ出現ポイントを自転車で巡ったのですが、
見つかるのはトラの付かない、
普通のツグミばかり。

画像

      とにかくたくさんいたツグミ

それでも、イカルの群に会うことができて、まぁ満足。
(写真が撮れたのは初めてだったんです)

画像

画像

      食べてばかりいるイカルたち

最後に、御苑をちょっと観光してから、
ホテルに帰ることにしました。

しばらく自転車で走っていると、身振り手振りで
止まれ! と合図している人を発見。
その人が指差す先を見てみると、
鳩が数羽、何やら啄ばんでいます。

画像


あれっ? ドバトにしては可愛いんじゃない?
ズームインして見ると、
緑色をした綺麗な鳩たちです!

画像


鳩たちが飛び立ってしまってから、
自転車を止めてくれた方に伺ったところ
この鳩はアオバトで、
御苑にもたまに現われるが、
地面に降りるのはとても珍しいのだそうです。

画像

      全体に緑がかっているのが♀。
      羽の紫色が強いのが♂のようです


それまでアオバトの存在すら知らずにいたのですから、
これはもう、ラッキーと言うしかありません。

自転車を止めてくれた方、
ほんとうにありがとうございました。

とても幸せな気持ちで、
京都を後にすることができました。

画像

          京都駅から見た、京都タワー

京都御苑で見た鳥たち
イカル、シロハラ、ビンズイ、カワセミ、ツグミ、
ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、シメ、
マガモ、アヒル、ヒヨドリ、キジバト、
トラツグミ、アオバト、ジョウビタキ♀、
ルリビタキ♀、ムクドリ、アオジ、
アオサギ、エナガ、コゲラ
























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2009年02月12日 21:27
所変われば鳥相も変わるもんですね。

九州出身の人がキジバトの泣き声を
聞いてビビッていました。
「気持ちわりぃ~泣き声!」
「こんなハト見たことねぇ~」
 だって(笑) 
2009年02月12日 23:38
だいぼーさん、
そうなんですよね。

オナガなんて、関東地方では
当たり前の鳥ですよね。
でも、関西にはいないんです。

不思議ですよね~。
ほたる
2009年02月14日 00:00
お帰りなさい。

充実の鳥見が出来ましたね~!
中でもやっぱり一番はアオバトでしょうか?
大磯の岩礁には塩水を飲みに来るアオバトが
見られますよ。
私も野に居るアオバト、ぜひ見たいです。
鳴き声はどうでしたか?
「アオーアオー」と鳴くらしいのですが、
だからアオバトなのか、青いからアオバトなのか、
いつもどっちなんだろう?と思います(^^)

西はオナガが居ないというのは聞いていましたが、
ビンズイが多いんですね。
顔、すごく可愛いですよね!大好きな鳥です。

東京でも今、イカルやアトリの群れがあちこちに
出ているようです。
トラちゃんも今年は多いとのウワサです。

金閣寺の写真、きれいですね。
絵はがきみたい(^^)v
2009年02月14日 00:38
ほたるさん、
京都御苑で見たアオバトは
無口だったんですよ(笑)。

信号と同じで緑は青なんですね、
昔の日本語は。
緑色だからアオバトだと思います(たぶん)。

トラちゃん、どこかで
会いたいなぁ。
気楽に東京近辺で探してみます。

この記事へのトラックバック