谷津干潟の、なが~いシギたち

画像


春といえばシギ・チドリ!
というわけで、
セイタカシギが繁殖している
「谷津干潟」に出かけてきました。

総武線の津田沼駅から乗るバスを間違えたりと、
いろいろあったのですが、
なんとか自然観察センターに到着。

画像

      自然観察センターからの眺望。
      入場は午後4時半までで、閉館は5時。
      有料(300円)ですが、フィールドスコープも設置されていました


この観察センターからは窓越しに、
葦原、池、干潟を見ることが出来ます。

画像


窓の外を見ると……、
いました! いきなりのセイタカシギです!!

画像

画像

          長くて赤い足が特徴。ひと目でわかりました

画像

      何羽か固まって、一本足で寝るんですね

観察センターから見ることが出来たのは2羽だけですが、
干潟のあちこちで、観察することができました。

5月になると、卵を温める様子や、
かわいい雛の姿も見られるようです。

画像

画像

      名前はわからなかったのですが、
      観察センターの周りでは、いろいろな桜が満開です


コガモやツバメ、オオジュリン、コチドリ、ツグミなどが
続々と窓の外に登場。
夕方には、アトリもやってきました。

シギ・チドリはまだ少ないようで、あまり見られなかったのですが
そろそろ閉館の時間です。

干潟の周りを半周して、バス停へと向かうことに。

画像


しばらく歩いたところで、チドリらしきものを発見!
双眼鏡を覗いていた地元バーダーさんに
「ダイゼンですよ」と教えていただきました。

画像


いまはまだ白っぽく見えますが、
図鑑によると、夏には胸が真っ黒になるようです。

ダイゼンを観察していると、近くに1羽の大きな鳥が……。

画像


図鑑で調べたら、ホウロクシギでした!
なが~いクチバシで一生懸命、餌を取っています。

画像


一周しても1時間ほどの
高速道路と団地に囲まれた、小さな干潟。
それでも、ここで見られる鳥は
1年で110種にもなるのだそうです。

画像

画像


この日、見た鳥たち
メジロ、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ、
ユリカモメ、コガモ、ヒドリガモ、
オナガガモ、セイタカシギ、
ハシビロガモ、アオサギ、
コチドリ、オオジュリン、
ダイゼン、カワウ、
コサギ、アトリ、
ホウロクシギ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年03月29日 10:38
おはようございます。
今日 キジの写真をアップしてみたのでお時間がありましたら遊びに来て下さい。鳥の撮影は難しく根気がいると改めて思いました。
また遊びに来ますので宜しくお願いします。
2009年03月29日 11:13
dragon pearlさん、
おはようございます。
世界中の素敵な写真、拝見しました。

鳥は見るだけで楽しいのですが、
写真にすると、思い出としても
楽しめますから。

また遊びに来てください。
2009年03月29日 15:33
コメントありがとうございます。
孔雀は放し飼いされており自由に歩いているところを撮影しました。最近、野鳥の美しい魅力にはまってます。
2009年03月29日 19:35
谷津干潟の観察センターは見やすくていいですね。私も冬に外周を回りました。センターのちょうど反対側の広場の上空でオオタカとカラスがバトル中でした。
2009年03月29日 20:25
埋め立てられそうになっていた干潟ですね。
110種類/年の鳥が守銭奴の利権から守られ
たってわけです・・・良かった。
だいぼー
2009年03月29日 20:49
千葉県知事に「森田健作」!

これで谷津干潟も安泰かな?
干潟を裸足で走る森田健作の
姿が撮れたりして(笑)
2009年03月29日 21:13
dragon pearlさん、

思うように近づけないのが
野鳥は面白いのかもしれません。
孔雀も檻の中より、綺麗に見えますよね。
2009年03月29日 21:16
健康法師さん、

干潟にしては鳥が近くで見られますよね。
また、5月頃に行ってみたいと
思っています。
2009年03月29日 21:19
だいぼーさん、

まだ、ゴミが不法投棄されていたり、
アオサが大量発生したり、
問題はたくさんあるみたいです。

森田健作知事にがんばってほしいですね(^_^;)

この記事へのトラックバック