手賀沼、鳥がとっても身近です。

かつては水質汚染の代名詞だった手賀沼。
だいぶ綺麗になったと耳にして出かけてみたら……。
鳥がいっぱい。しかも身近にいるんです。



画像

    沼沿いの葦原にいた、オオジュリン



朝から手賀沼にやってきたのですが
急な用事ができてしまい、
鳥見ができたのは1時間半ほど。

珍鳥は見つけられませんでしたが、
いきなり面白い鳥に出会うことができました。


画像


画像



バリケンというカモ科の家禽です。
籠脱け鳥のようですが
ここで繁殖しているのでしょうか?

家禽といえばこの鳥、アヒルも。


画像



この沼を生活の場にしているようです。

籠脱け鳥は、もう1種。
コブハクチョウも、ここを住処にしていました。


画像


画像

    コブハクチョウ。かなりの数がいるようです


もともと人に飼われていた鳥たちですから、
すぐそばまで近づくことができるのですが、
コブハクチョウは注意が必要。
食事中に不用意に近づくと、
くちばしで突っつかれることがあるようです。


手賀沼が凄いのは、
近づけそうもない鳥にまで近づけてしまうところ。


画像


画像



憶病な鳥という印象のエナガやコゲラだって、
ここでは人を怖がりません。


手賀沼で、唯一憶病だったのは、この鳥。
オオジュリンだけでした。


画像


画像

    たくさんいました、オオジュリン。
    ここにも4羽、写っているのですが……



あわただしく通り過ぎてしまったので、
オオジュリンしか撮れませんでしたが、
もしかすると水辺の草むらには、
いろいろな種類の鳥が隠れていたのかもしれません。



手賀沼の水は、浄化が進んだとはいえ、
まだまだ全国有数の汚さ。

それでもここには、無数の鳥たちを養っていく
不思議な魅力があるようです。



画像

    汚さと美しさが、微妙なバランスで同居していました


この日、見た鳥たち
カルガモ、コガモ、オナガガモ、アヒル、
カワセミ、バリケン、シロハラ、
ツグミ、シジュウカラ、コゲラ、
エナガ、オオジュリン、
コサギ、ダイサギ、
オオバン、ウグイス、アオジ、モズ
ジョウビタキ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2010年02月15日 20:09
去年は、珍しいチュウヒ、カンムリヅルが見られたトコですからね。
野鳥には、住みやすい場所なんでしょうね!?
2010年02月16日 08:34
手賀沼の北側と南側とでは環境が異なるのか、鳥は濃くなっているのでしょうね。沼が綺麗になってきてこれからも期待できるといいですね。
2010年02月16日 18:16
手賀沼も面白そうですね。
行ってみたくなりました。
2010年02月17日 10:24
我が川越の伊佐沼も浄化作戦
進行中です。
来年の今頃は期待できるかも
しれません。
ki-ki
2010年02月18日 00:21
POPOさん

今年は珍鳥はいないようですが、
環境は悪くないんでしょうね。
近々また、行ってみようと思います。
ki-ki
2010年02月18日 00:24
健康法師さん

北と南で違うんですか。
びっくりするほど広いですからね。
今回は半分も歩けませんでした。
ki-ki
2010年02月18日 00:28
fujioさん

なかなか面白そうなところでしたよ。
沼の周辺も鳥の宝庫のようですから。
ki-ki
2010年02月18日 00:29
だいぼーさん

伊佐沼も面白そうですねぇ。
近ければ行きたいのですが……。
綺麗になるといいですね。
2010年02月18日 07:46
短時間でずいぶんあつめましたね~。すぐ近くに住んで居ながら通過するだけでしたが、今度行って見ようと思います。
ki-ki
2010年02月18日 23:09
年中無給さん

地元なんですか。
意外に懐が深いところのようですよ。
ぜひ一度いってみてください。
お願いします。

この記事へのトラックバック