無残な浜辺と、明るい未来

夏の浜辺に、海鳥を見に行ってきました。
珍しい鳥との出会いはありませんでしたが、
いろいろと考えさせられる、
意義ある鳥見となりました。



画像




サーファーで賑わう大きな浜を避けて、
たどり着いたのは人気のない小さな浜辺。

この日、初めて出会った鳥は、
大空を舞うコアジサシでした。


画像



浜辺の奥の方に群が見えます。


画像



鳥たちを驚かさないように、
少しずつ近づいて丘の上から観察を開始。


画像

    小魚(アジ?)をくわえて飛ぶ、コアジサシ


空を飛び交う鳥たちも、
一生懸命にチェックしたのですが、
群れているのはコアジサシばかり。
残念ながら、珍しい種類は見当たりません。


画像

    近づけないので、大きくトリミングしてあります


砂浜に座り込んでいるコアジサシがいました。
もしかしたら……
と思って観察を続けていると、
そのコアジサシが立ちあがりました。


画像

   


黄色い矢印の先を見てください!
2個の卵を抱いていたのです。

子育て中の鳥を怖がらせてはいけないと思い、
この場所からは早々に退散。

サーファーだらけの砂浜や、
近くの田んぼを少し歩いてみました。


画像

    炎天下を飛ぶゴイサギを初めて見ました


画像

    テトラポットにとまっていた、ヒバリの子


画像

    青空が似合う、チュウサギ


珍しい鳥には出会えませんでしたが、
梅雨の合間の晴天の下
そこそこの写真が撮れて気分は上々、
のはずだったのですが、
最後に嫌なものを見てしまいました。


画像



車の轍が数多く残るこの砂浜は
柵で区切られています。
「ここはウミガメやコアジサシの繁殖地です。
車両などの乗り入れはやめてください」
という趣旨の看板も立てられていました。
それなのに……。

もちろん、この砂浜に
鳥の姿はありませんでした。



気分を変えて、明るい話題をひとつ!


画像



サルの子みたいに見えますが、
公園の池で育つ、ヨシゴイの雛です。


画像

    ヨシゴイの雛。4羽か5羽、いるそうです


巣立ちの時に立ち会いたいのですが、
ウィークエンドバーダーには、無理だろうなぁ。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年07月12日 01:02
今朝、ハスを撮りに行ったらいましたよ、
柵を越えて撮ってる人、気持ちはわから
なくもないけど、真似する人が出てくる
と歯止めがきかなくなりますからね・・
2010年07月12日 21:55
コアジを銜えてくるから、コアジサシって言うんですかねぇ!?
夏は、暑くって、なかなか浜辺に足が向きません。
ヨシゴイ、楽しみですね(^-^)v
2010年07月12日 21:58
コアジサシの繁殖ですね、生物の棲む環境を大事にしたいですね。
2010年07月13日 06:23
コアジサシをきれいに撮りましたね。繁殖が楽しみですね。ヨシゴイの巣立ちも期待したいですね。
2010年07月13日 08:45
コアジサシは、こんな砂浜でも繁殖するんですね。
卵が波を被らない様な所ですよね?。
ki-ki
2010年07月14日 20:35
だいぼーさん

そちらでもヨシゴイ、繁殖してましたか。
柵を乗り越えちゃ、まずいですよね。
子育てに影響するかもしれません。
ki-ki
2010年07月14日 20:39
POPOさん

漢字で書くと小鯵刺のようですね。
小さいアジを食べるからコアジサシ?
それともアジサシの小さいの
という意味なのでしょうか?
ki-ki
2010年07月14日 20:41
健康法師さん 

コアジサシなんてたくさんいるのに
なんで絶滅危惧種なんだろうと
思っていたのですが、
繁殖地がこれでは絶滅を心配したくなります。
ki-ki
2010年07月14日 20:43
マイ野鳥図鑑さん

コアジサシ、ヨイゴイ、両方の巣立ちが
見られると最高なんですが。
難しいかなぁ。
ki-ki
2010年07月14日 20:44
fujioさん

普通の波ならまず大丈夫でしょうが、
台風がきたら危ないですね。
危険より餌場の近さ優先なのでしょうか。
2010年07月14日 22:08
コアジサシはこんな場所で営巣して子育てするのですね。
砂に直に卵を産むのですか。
ヨシゴイの雛も楽しみですね。
ki-ki
2010年07月14日 22:31
こうちゃんさん

ヨシゴイの巣に比べると
コアジサシの営巣は、あまりにも無防備です。
無造作だから、かえって
目立たないのでしょうか。
2010年07月16日 21:52
雨の日も風の日もカンカン照りの日も温めて
親は凄いですね。
2010年07月18日 22:50
年中無給さん

ほんとうに、鳥の親を見ていると
人間なんてまだ楽かなと、
思えてしまいます(笑)。

この記事へのトラックバック