暑かったけど、涼しげです。

ヒクイナを見に行く途中で立ち寄った、
郊外の河川敷です。



画像

    川の中で佇んでいた、ケリの群。
    ゴミが多くて、撮るのに苦労しました




炎天下の河川敷をとぼとぼと歩いていると、
川の流れの中に数羽の鳥が見えました。

「ハトかな?」と思ったのですが、
少しずつ近づいてみると、その正体はケリ。


画像



河川敷といっても、フェンスで遮られた土手の上からの撮影なので、
かなり近づくことができました。


ケリの近距離撮影に気を良くしてさらに歩いてみると、
コチドリがいました。


画像



川面を飛び回るコチドリ、
うらやましいくらい元気です。


川の近くの小さな水路では、
カルガモの親子がくつろいでいました。


画像



直射日光の当たらない水路、
暑さをしのぐには、最高なのかもしれません。



この日、唯一、暑苦しかったのは、
この鳥、真っ赤に燃えたアオサギだけです。


画像

    川の近くのため池にいた、アオサギ。
    赤く見えるのは、藻でしょうか?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2010年07月28日 19:18
真っ赤な水面はどうしたんでしょうね。そんなところにサギがやってきて、なんとなく画になります。
ki-ki
2010年07月28日 21:41
マイ野鳥図鑑さん

ほんとうに、この赤さは異常ですよね。
こんな池に、餌になる魚やカエルが
いるのでしょうか?
2010年07月28日 22:39
こんな真っ赤な水面、初めて見ました。驚きです。
でも真っ赤な水面にアオサギなんて、かっこいいですね。
2010年07月28日 23:12
真っ赤な水面のアオサギ、目立ちますね。
ki-ki
2010年07月28日 23:46
ぶんぶん丸さん

調べてみたら、赤いのは
アゾラ・クリスタータという
水生シダの一種のようです。
外来種なんですね。
ki-ki
2010年07月28日 23:47
POPOさん

目立ちすぎですよね。
これじゃ鳥が来なくなるのでは
ないでしょうか。
2010年07月29日 18:44
鮮烈な写真ですね、写真としてとてもおもしろいですね。
ki-ki
2010年07月30日 01:09
健康法師さん

自然なのに不自然な写真が撮れて、
暑い中を歩き回った甲斐がありました。
2010年07月31日 10:03
アオサギの写真

どこかのお堀で繁殖してるのをニュースで
観た事があります。
アオサギの身体を介して他の場所に運ばれ
てしまうんでしょうね・・・人間は罪深い!
ki-ki
2010年08月01日 08:58
だいぼーさん

日本中の池が真っ赤になっちゃったら、
大変ですよね。
対策はあるのでしょうか?

この記事へのトラックバック