鳥見というより雪見かな

雪が降る前に、と出かけた奥日光ですが、
到着してみると、そこは一面の銀世界。
突然の雪に驚いたのでしょうか。
鳥たちも、どこかに飛び去ってしまったようでした。



画像

   雪の上を楽しそうに飛び回っていた、ミソサザイ。
   でも、姿を見せてくれたのは、この1回だけでした




前日に10cmほどの雪が降ったそうで、
お山も薄っすら雪化粧。

景色は最高なのですが、
この時期の標高1300mは、
観光する場所ではないのでしょうね。
観光客の姿はまばらです。


画像



バーダーさんには何人かお会いしたのですが、
どなたも「何にもいませんね」と、
あきらめの表情。


画像

   森の忍者、ゴジュウカラ


確かに鳥の気配は薄く、
出会うのは、山ではお馴染のメンバーばかり。


画像

   枝に雪が付いてるな、と思ったら、
   まん丸にふくらんだエナガでした



珍しい猛禽でも飛んでいないかなと、
中禅寺湖の湖畔にも行ってみたのですが、
出会えたのはノスリだけ。


画像



水際を跳ねるハクセキレイの姿が、
まるでこの日の鳥見の寂しさを象徴しているようで、
ついついカメラを向けてしまいました。


画像



夕暮れ近くまで粘ってみたのですが、
結局、何の成果もなし。


画像



鳥見ではなく雪見。
まさにそんな1日でした。



画像

   大物を狙って待機していた、バーダーさんが作った雪だるま。
   鳥が出なくて、時間がたっぷりあったのだと思います

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年12月12日 06:54
これだけ撮れていれば十分ではないでしょうか。雪のミソサザイがいいですね。露出が難しそうですね。
2010年12月12日 18:15
雪上のミソッチ、良い感じです。
なかなか撮れないショットですよ~。
2010年12月12日 18:24
奥日光は林の小鳥と猛禽が楽しめるようですね。オオワシも毎年来ていると聞いたことがあります。
2010年12月12日 22:00
なんだかんだでミソサザイを撮ってる
ところがさすが!
天気は良かったようですが、寒そう…
ki-ki
2010年12月13日 01:21
マイ野鳥図鑑さん

粘りに粘ってこれだけですから。
雪の日は、ピントもホワイトバランスも、
どうすればいいのか、お手上げです。
ki-ki
2010年12月13日 01:22
fujioさん

ミソサザイは、
露出を変えて……なんて思った途端に
飛ばれてしまいました。
ki-ki
2010年12月13日 01:23
健康法師さん

オオワシは今年も来ているようですよ。
運が良ければ、見られたはずなんですが。
ki-ki
2010年12月13日 01:27
だいぼーさん

そうですね。ミソサザイが救いでした。

分厚い靴下、レッグウォーマー、
ヒートテックに、
冬のアウトドア用ズボンという
完全武装でしたから、寒さは平気。
逆に、ちょっと歩くと暑くて参りました。
2010年12月13日 22:11
奥日光ですか。寒いんでしょうね。
昔、スキーとか行ったけど、野鳥見た記憶がありません。
やはり、少ないんでしょうね!?
ki-ki
2010年12月13日 23:08
POPOさん

2週間早く出かければ、
いろいろな鳥がいたみたいです。
今年はまだ暖かいから、と
なめたのが失敗でした。
2010年12月13日 23:45
奥日光も雪景色なのですね~
雪の中のミソサザイ、いい感じですね。
バーダーさんたちが暇つぶしで作った雪ダルマ。なんだか哀愁がありますね(笑)
ki-ki
2010年12月14日 00:39
ぶんぶん丸さん

雪だるまの周りの
雪がなくなっていますから、
大仕事だったのだと思います。


2010年12月30日 14:30
ミソサザイは2年ほど前、高野山で遭遇しました、賑やかな声がして突然家内の背中に2羽が止まり腰を抜かしましたが、近場に降りた鳥が、雛に餌を与えている姿を見て、ミソサザイ(親子)だと分かりました、アップ致しますのでよかったらご覧ください。
ki-ki
2011年01月05日 21:54
讃岐の三太郎さん

ミソサザイが人間の近くに来るのは、
珍しいですよね。
背中にとまられるなんて、
ラッキーではないでしょうか。

この記事へのトラックバック