荒波を乗り越えて

画像




アカガシラサギを見た後に訪れた、
東京湾の渚。
見慣れぬ鳥が2羽、
ちょこちょこと歩いていました。


画像



出会った瞬間は、
「未見のシギチかな?」と思ったのですが、
この鳥たちがいたのは、コアジサシの群の中。


画像



どうやら、この鳥は
コアジサシの幼鳥のようです。


画像



梅雨明けの穏やかな1日でしたが、
それでも時には、
大きな波が渚に押し寄せます。


画像



まだまだ頼りない様子ですが、
親が餌をやっている様子はありません。

幼鳥たちは荒波にも負けず、
力強く生きているんですね。



画像

   帰り道で見た、ツバメの子供たち。
   こんなに大きくなっているのに、親離れしていません



画像

   親の面倒見が、良すぎるのでしょうか

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年07月12日 20:58
コアジサシのヒナたち、がんばっていますね。開けたところで隠れるところもないので危険に身をさらすことになりますが無事に大きくなって欲しいですね。
2011年07月12日 21:00
コアジサシの雛鳥、まだ見たことがありません。もう独り立ちなのですか。
2011年07月12日 21:48
これくらい大きくなると、親も一安心でしょうか!?
どんどん増えて、もっと、上流まで来て欲しいです。
ki-ki
2011年07月12日 23:08
マイ野鳥図鑑さん

アジサシ類の子育ては、
ほんとうに無防備ですからね。
絶滅危惧種なのもわかります。
ki-ki
2011年07月12日 23:09
健康法師さん

餌を獲っているかどうかは不明ですが、
少しは飛べるようでした。
ki-ki
2011年07月12日 23:10
POPOさん

人が多い浜辺なので、
どこまで数を増やせるか。
でも繁殖地が増えるのは、
いいことですよね。
2011年07月12日 23:31
先日、手が届きそうな場所でコアジサシの雛ちゃんを見てきました。
これくらい大きくなると、安心ですね。
ツバメさんたちはまだまだ甘えん坊ばかりですね。
2011年07月12日 23:33
先日、手が届きそうな場所でコアジサシの雛ちゃんを見てきました。
これくらい大きくなってくれると安心ですね。
2011年07月12日 23:34
ごめんなさい。
2回書いちゃいました。
2011年07月13日 17:50
もう飛ぶことができる
んでしょうね。

内陸の沼でも繁殖するの
かな?
ki-ki
2011年07月14日 00:10
ぶんぶん丸さん

もう一人前なんでしょうね。
ツバメの餌は小さな虫。
コアジサシの餌は魚。
親離れのスピードの差は、
食べる回数の違いでしょうか。
ki-ki
2011年07月14日 00:14
だいぼーさん

砂地があれば繁殖するんでしょうね。
草に覆われた場所では
見通しが悪く、
カラスなどの接近が見にくいため、
繁殖しないらしいです。
2011年07月14日 21:54
こんなに大きな幼鳥が居ましたか?。
私には見付けられませんでした。
ki-ki
2011年07月20日 00:29
fujioさん

波打ち際をちょこちょこ歩いてました。
目立たないことは確かです。

この記事へのトラックバック