イルカより海鳥 後編

画像




イルカウォッチングの後半で出会った大物、
それはアホウドリです。



画像



この個体は羽が黒いので若鳥なのですが、
サイズは大人なみ。
(翼を広げると240cmセンチ)



画像



このウォッチングでは定番の
コアホウドリ(目の周りが黒いのが特徴。翼開長200cm)や



画像



クロアシアホウドリ
(クチバシも黒いアホウドリ。翼開長193cm~213cm)
よりも、ひと回り大きく見えます。



2時間ほどの間に、
相次いで現われたアホウドリ3種。

どの鳥もインパクトたっぷりでしたが、
やはり、元祖アホウドリは別格。



画像



オオミズナギドリを従えるように飛ぶその姿が、
今もまぶたに焼き付いています。

この記事へのコメント

2013年05月03日 05:51
アホウドリが船で近づく人たちを見物にやってきたんですね。大きくて勇壮に飛ぶ姿がいいですね。数も少しずつ増えてきているようで楽しみです。
2013年05月03日 06:25
2メートル越えはでかいでしょうね?
こんな観察・撮影をしてみたくなりました。
2013年05月03日 08:57
海鳥も覚えると楽しいですね、船からの鳥見もいいものですね。
2013年05月03日 19:51
2m超はデカイですよね~。
アオサギよりもデカイんですものね~。
良い物が見られましたね~。
2013年05月03日 23:00
アホウドリにも、いろんな種類があるんですね。海鳥は、まったく判らないんで(^^;
ki-ki
2013年05月04日 21:41
マイ野鳥図鑑さん

新たな繁殖地も順調なようですね。
増えてくれるといいのですが。
ki-ki
2013年05月04日 21:42
四孫さん

とにかく大きいです。
迫力満点ですよ。
ki-ki
2013年05月04日 21:45
健康法師さん

北海道行きのフェリーにも
いつか乗りたいと思っています。
ki-ki
2013年05月04日 21:47
fujioさん

北太平洋で暮らすアホウドリ3種を
1日で見られたのは幸運でした。
ki-ki
2013年05月04日 21:48
POPOさん

海鳥の種類は多いですからね。
なかなか覚えられなくて
まいります。
2013年05月04日 23:44
まさに大物ですね。
小笠原諸島系でイルカ
ウォッチングですか?
ki-ki
2013年05月06日 01:53
だいぼーさん

そんな遠くには行けません!
銚子沖です。
2013年05月06日 16:41
クロアシは北海道から戻るフェリーから見たことはありますが、元祖はお目にかかったことがありません。ずいぶん大きいのですね。
ki-ki
2013年05月06日 22:51
kamiyanさん

「アホウドリは白い」
という先入観があったので、
初めはクロアシかと思ったのですが、
クロアシよりもひと回り
大きい印象でした。
2013年05月07日 21:53
アホウドリですか~。これは大物ですね!
三宅島の帰りにアホウドリを見られましたが、こんなに間近では見られなかったです。
クロアシ、カッコイイですね。
ki-ki
2013年05月07日 23:49
ぶんぶん丸さん

まさに船を見物に来た
という感じでした。
クロアシは精悍な感じですよね。

この記事へのトラックバック