キジも鳴かずば……

コイカル撮影の途中に現われた、 オスのキジ。 見事な「ほろ打ち」を見せてくれました。 しばらく餌をついばんで、 お腹がいっぱいになると 近くの竹やぶに飛んで行くコイカル。 この日は出がよくて、 再び姿を見せるまでわずか30分ほどでした。 しかし、それでも待ち時間は退屈なもの。 「何か…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

一週間、遅かった!

健康法師さんのブログを拝見して、 「もう遅いかな」とは思ったのですが、 「桜にコイカル」を撮りに出かけてみました。 到着早々、コイカルはあっさり登場。    あっという間に姿を見せてくれた、オスのコイカル。    背中と脇のオレンジが印象的でした     しかし、肝心の桜が もうま…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

夏羽は恋の色?

ハイイロヒレアシシギを見た帰りに立ち寄った、 臨海公園の鳥たちです。 少し休もうと、 突堤に腰掛けて海をぼおっと見ていたら、 ハジロカイツブリが近づいてきました。 見事な夏羽のハジロカイツブリ。 綺麗なような、怖いような。 夏羽は繁殖羽とも言われるようですから…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

干潟に現われた大物ゲスト

干潟を訪れた珍客、 ハイイロヒレアシシギを見て来ました。 外洋で暮らすこの鳥を、 まさかここで見られるとは思いませんでした。 ハイイロヒレアシシギ、もちろん初見・初撮りです。 やってきた当初はもっといたようですが、 この日(4月7日)見られたのは4羽でした。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

春のシギチがやってきた!

ホウログシギを見に 春の干潟へ行ってきました。    毎年、この干潟に渡って来るホウロクシギ。    今年は1羽だけなのでしょうか カモの姿が減って、 ちょっと寂しい干潟ですが、 ここの名物ともいえるハマシギの群は、 まだまだ健在。 ここで越冬したのでしょう。 ダイゼンの姿も…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

春めく水辺

先週末、埼玉の大きな調整池、 彩湖に行って来ました。 この日のお目当ては、この鳥、 夏羽のカンムリカイツブリです。 近所の川にもいるのですが、 数が違います。 数十羽もいるというこの池ならば 近くで見られるのではと思い、 出かけてみたのですが、大正解! …
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

真っ黒になるまで、もう少し?

野鳥公園で出会ったオオジュリンです。 頭が真っ黒な夏羽になるまで、 あと、どれくらいかかるのでしょうか? シギチがそろそろ来ているかもしれないと思い、 出かけてみたのですが、 賑やかだったのはオオジュリンだけ。 十数羽の群で、 葦の茎をバリバリと食い破り、 虫を探して食べていま…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

桜にメジロ

例年より3週間遅いという河津桜を見に、 はるばる三浦半島まで出かけて来ました。 花がたくさん咲いていれば、 蜜を求めて、 メジロがやって来るだろうという、 お気楽な「桜メジロ作戦」です。 到着していきなり、メジロ発見! 数羽の群が桜の花から花へ、 飛び回って…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

オシドリの旅支度

旅立つ前にもう一度見ておこうと、 都会のオシドリを訪ねてみました。 アリスイを見た帰りに立ち寄った、 オシドリの池。 ところが、水面にオシドリの姿はありません。 目を凝らすようにして岸辺を探し、 ようやくオシドリを発見。 オスが1羽だけいるように見えたのですが、 少し離れて…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

久しぶりにアリスイ

埼玉の公園でアリスイを見て来ました。 アリスイとは1年ぶり、 ほんとうに久々の出会いです。 1年前に見たアリスイは、 草むらの中に隠れていて、 ときどき顔を出すだけでしたが、 この日のアリスイは対照的に活動的。 ほとんど止まることなく、 地面を歩き回っています。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

頭が黒くなってきました

久しぶりに出かけた干潟です。 ここで越冬しているズグロカモメの頭が、 ずいぶん黒くなっていました。    ズグロカモメ。    あまりに遠かったのでトリミングしています 干潟の真ん中の青い杭に 2羽の鳥が止まっていました。 2番の杭はミサゴ、 3番の杭に止まっているのが ズグ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ハズレはタシギ

2週連続でヤマシギを見に行ったのですが、 またしても現われず。 その代わりというわけではないのでしょうが、 この公園の常連、 タシギが大サービスしてくれました。 一週間前は遠くて逆光だったタシギが、 この日は目の前に来てくれました。 光の具合もまずまずです。 1羽だと思…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

夕暮れ時の公園で

初めての公園なのに、 寄り道してから訪れたので、 夕暮れ間近の鳥見となってしまいました。    公園のせせらぎを飛び回っていた、キセキレイ。    キセキレイにしては珍しく、    近づくことができました 可愛いルリビタキの♀がいたので、 カメラを向けてみたのですが……。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

お食事中にお邪魔しました

ヤマシギを期待して出かけたのですが、 姿は見えず。 仕方がないので、 メジロとアオジに遊んでもらいました。 ツルウメモドキの木でしょうか? 1羽のメジロが、 一心不乱に赤い実をついばんでいました。 目の前でカメラを構えているのに、 せわしくなく動き回っては、 残った実がないか…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

今季初! ベニマシコ

今季は縁がなかった赤い鳥に、 やっと出会うことができました。 丹沢の林道で見つけたベニマシコのオス。 逆光の写真しか撮れませんでしたが、 今季初ですので、これでも大満足。 この場所では今頃になって、 ようやく数が増えてきているようです。 そして、このルリビ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

外来種ですが

海外からやってきた外来種。 すっかり日本に融け込んだ鳥もいれば、 生態系を破壊しそうな、 迷惑な鳥もいるようです。 このところやたらと見たので、 まとめてブログにしてみました。 中国原産の鳥、コジュケイは 20世紀の初めに、 狩猟鳥として放鳥された外来種。 100年経った今で…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

鉛色の空の下 後編

八戸の鳥見、 後編はほんの少しカラフル、 いや、かなり派手な鳥からスタートです。    シノリガモ。オスは初見・初撮りです シノリガモです。 八戸のいろいろな港で目にしました。 コクガンもそうですが、 ウミネコの繁殖地として有名な 「蕪島」の周辺でも 見ることができました。 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

鉛色の空の下 前編

フェリーで戻った八戸の海鳥たちを、 2回に分けてリポートさせていただきます。 時折、小雪混じりの雨が降る海辺は、 モノクロームの世界。 荒波の中、最初に姿を見せてくれたのは、 白と黒が印象的な、コクガンの群でした。 東京湾でもおなじみの鳥ですが、 ここでは懸命に生きるその…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

フェリーから鳥見

出張で近くまで来たので、 フェリーに乗って八戸と苫小牧を往復してきました。 雪が舞い、寒風吹きすさぶデッキでの鳥見。 はっきり言って、辛かったです(笑)。    フルマカモメ。初見・初撮りです 苫小牧に夕方着き、 約4時間後には再び船に乗り、 そのまま八戸へ帰るという強行軍。 帰りは夜の便…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

近所の公園で

ジョウビタキの口の中って、 オレンジ色だったんですね。 何度も見ているはずなのに、、 いまごろ気づいてしまいました。 今年は数が少ないのでしょうか? ジョウビタキのオスとは、 これが二度目の出会いです。 そして、ようやくこの鳥の写真も 撮ることができました。…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more