海の大理石

港を歩いていて見つけた、 真っ白なカモメです。 シロカモメの第1回冬羽でしょうか。 茶褐色の模様はありますが、 尾羽まで、黒い所はありません。    白っぽく見えるセグロカモメ。    それでも翼の先端は黒です セグロカモメも1年目(第1回冬羽)は 全身が白…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

毎年、毎年、出会える幸せ

毎年、同じ場所にやってくるクロジ。 今年も無事に会えました。 ただし、30分ほど待機して、 クロジが現われたのは一度だけ。 しかもたった1羽です。 今年は数が少ないのか、 ちょっと気になるところです。 嬉しい誤算は、 同じ場所でルリビタキに出会えたこと。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

翼の黒いツルでした

1月4日に見た絶滅危惧種、 ソデグロヅルです。 名前の由来通りに、 羽の先の方、袖が黒いツルでした。    トリミングしています 顔は薄っすらと赤いのですが、 赤い色が撮れたのは、 はるか遠くにいたときだけ。 田んぼの泥に顔を突っ込んで餌をとるので、 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

木漏れ日の中で

夕暮れ間近の都会の池。 オシドリたちが、 岸辺近くにやって来ました。 対岸の木陰で、 じっとしていることが多いオシドリ。 こんな近くで見たのは初めてです。 木漏れ日の中を、 行ったり来たり。 オスもメスも、 じっくりと観察することができ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

タンチョウの1日

釧路の鳥見旅報告、 これが最終回です。 冬のタンチョウヅルのねぐらは、 凍結しない川の中です。 北国の太陽が登るのを待ちかねたように、 タンチョウたちは1羽、また1羽と、 飛び立って行きました。 タンチョウが目指すのは、 何か所かある餌場です…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

タンチョウヅル、危機一髪!?

群でくつろぐタンチョウヅル。 その背後にオジロワシの姿が! タンチョウヅルの運命やいかに!! 大げさな書き出しになってしまいましたが、 ご安心下さい。 釧路周辺ではタンチョウを保護するために、 冬の間だけ、数か所で餌付けが行われています。 餌はトウモロコシが一般的なのですが、 1か所だ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

迫力満点! 釧路のオジロワシ

今年最後の三連休。 北海道は釧路に、 タンチョウヅルを見に行ってきました。 タンチョウの美しさにも感動しましたが、 それよりも驚いたのがこの、 オジロワシの迫力です。    目の前を横切ったオジロワシ。    初見・初撮り、ノートリです “オジロワシやオオワシが見られることもある” という情…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

東京湾のヒメウ

城ヶ島では見つけられなかったヒメウを探しに、 先週末、東京湾の小島を訪ねてきました。 理由はわかりませんが、 この島のヒメウ比率は、 城ヶ島よりはるかに高いようです。 到着早々、 ウミウとともに羽を休めるヒメウを 見つけることができました。    右(オレンジの矢印)がウミウ、 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

鳴き声がスズメでした

せっかく目の前に来てくれたのに、 逆光の写真しか撮れなかったウミスズメ。 今回は反対の埠頭から狙ってみました。 雲ひとつない快晴だというのに、 この日はなぜかカメラマンの姿がありません。 「ウミスズメは抜けてしまったの?」 と不安になったのですが、 カメラを構えて間もなく、4羽の群が現われま…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

飛び出しそうに見えたのに

コクマルガラスを探している途中、 1羽のノスリを見つけました。 飛び出しを撮ろうと、 ファインダーを覗いていたのですが……。 お尻を持ち上げて、 いかにも飛び出しそうな気配のノスリ。 いまがチャンス! と連写したのですが、 撮れたのは……。    ノスリは直後に飛び出したのですが、 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

鳴き声は「キュン、キュン」

群馬県の田んぼで、 コクマルガラスを見て来ました。    白黒模様のコクマルガラス、    初見・初撮りです 田んぼに到着早々、 ミヤマガラスを見つけました。 広い範囲の電線に、 分散して止まるミヤマガラスの群。 この中に混じっているはずの コクマルガラスを探します。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

城ヶ島のウミウ

三浦半島の南端、城ヶ島は、 ウミウの越冬地として知られています。    釣り人で賑わう城ヶ島の磯。    バーダーはひとりもいませんでした。    (12月4日撮影) 毎年、10月の下旬頃になると 千島列島あたりから渡って来るウミウ。 年々数を減らしているそうですが、 それでも…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

これでもスズメ?

港に小魚を追ってやってくるという、 ウミスズメを見にいって来ました。    ウミスズメ。初見・初撮りです 漁港の堤防に到着して間もなく、 遠くの海面を、 1羽の鳥が飛んで行きました。 ウミスズメです。 3羽がかたまって 段々と近くにやってきてくれました。…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

マジックアワー

どんな風景も美しく見える。 夕暮れ間際の光線は、 まさに魔法のようですね。 (露出はうまくいきませんが……)    じっと佇んでいたら、    近くに飛んで来たタヒバリ。    カメラを向けたら、ポーズをとってくれました 3時過ぎに訪れたMF。 (たった2回行っただけですが マイフィールドに…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ようやく会えた噂の大物

集まったカメラマンの数、なんと100人! こんなに人が多いと知っていれば、 行かなかったと思います。 何はともあれ噂の大物、 コウライアイサ♂をゲットしました。     コウライアイサ、初見・初撮りです 午前9時過ぎに到着してみると、 すでにカメラマンが数十人。    一緒にいるの…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

発見! 歩いていける鳥見ポイント

初めて訪れたフィールドで 鳥見をしてきました。 家から歩いても、 わずか数十分という近さです。 寝坊してしまった勤労感謝の日。 昼から出かけたのは 近所の河原です。    ハクセキレイやセグロセキレイと一緒に    河原を飛び回っていたタヒバリ。    真逆光でシルエットになって…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

枝から降りてくれません

新宿御苑の池にオシドリがいると聞いて、 出かけてみたのですが……。 雨だと思い込んでいたので、 計画も立てずに迎えてしまった日曜日。 近場で鳥見をと思い、 出かけたのは新宿御苑。 綺麗なオシドリが撮りたいと思ってでかけたのですが、 オシドリは対岸の木の枝にとまったまま、 ま…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

クジラは見れなかったけど……。

クジラウォッチング船に乗り、 海鳥を見て来ました。 黒いのはクロアシアホウドリ、 白いのはコアホウドリです。    クロアシアホウドリもコアホウドリも、    もちろん初見・初撮りです。    2羽いっぺんに初見というのは、    初めての経験かもしれません 天気のいい日を狙って出かけたのです…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ようやく、今季初ジョウビタキ

遅ればせながら、 ようやくジョウビタキに出会うことができました。 というか、ジョウビタキしか、 見ることができなかったのですが……。 大物狙いで河川敷に出かけたのですが、 見事に空振り。 オスのジョウビタキだけ、 20枚ほど撮っただけで引き上げて来ました。 秋た…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more